セミナー・イベント情報

「今から参入できるロボットビジネス」~ロボット産業の現状と動向、そして参入へ~

 

「今から参入できるロボットビジネス」~ロボット産業の現状と動向、そして参入へ~

  現在、世界を取り巻く大きな流れとして「ロボット」が注目を集めています。
 政府の試算では、2020年までに製造業で2倍(6千億円→1.2兆円)、
 非製造業では20倍(6百億円→1.2兆円)の市場規模が見込まれており、
 静岡県でも農業ロボット研究会を設立するなど、民間のみならず国や行政も含め、
 ロボットビジネスへの関心が高まっています。

  そこで今回、浜松地域新産業創出会議ロボット産業創成会議(奥村秀生代表幹事)では、
 ロボティクス普及促進センター理事長の小林賢一氏を講師にお迎えし、
 浜松地域企業の皆さまのロボットビジネス参入の入門編となるセミナーを開催いたします。
 ロボット産業にご興味のある方だけでなく、新たなビジネスを模索されている方にも
 おすすめの講座です。ぜひご参加ください。

 <講座内容>
  ①ロボットを巡る今後の展望
  ②先進技術の動向
  ③海外の動向
  ④ロボットのOS(ソフトウェアの現状)
  ⑤ロボットの安全性確保
  ⑥ロボティック・リテラシー
  ⑦事例(失敗する確立の高い例など)

 <こんな方におすすめ>
  ・ロボット関連事業を行う企業の役員、従業員の方
  ・ロボット分野への参入を目指す企業の役員、従業員の方
  ・ロボットビジネスに関する悩みや課題を抱えている企業の役員、従業員の方

  ◇講師紹介◇
   認定NPO法人ロボティック普及促進センター 理事長
   株式会社ロボットメディア代表取締役   小林 賢一 氏
     2005年 ロボットの調査、プロモーション支援を専門に行うロボットメディアを設立。
     2012年 NPO法人として日本で初めての損害保険代理業務(名称:ロボット保険サービス)
     を開始し、ロボットの実証実験や自律走行車(ロボットカー)のデモ走行、ドローンなど
     の先進技術の保険や安全に係るコンサルティングを行う。
     2014年 ロボットに関わる新しいプレイヤーを育てる「日本ロボットビジネス体系講座」
     を開始。
     これまで、介護作業等における身体負担軽減(腰痛防止)を目的としたアシストロボットや
     プラント配管の固着物を点検・除去するロボット、また独居高齢者見守り支援機器、住宅用
     作業支援機器の開発支援及びリスクアセスメントなども数多く行っている。

 

   日 時:平成29年1月24日(火)13:00~16:00

  会 場:浜松商工会議所 301会議室

  受講料:会員 4,000円/非会員 12,000円(税込)

  定 員:20名(申込先着順)※当所会員企業を優先

  主 催:新産業創出会議 ロボット産業創成研究会

 【問合せ先】
  浜松商工会議所工業振興課
   TEL:053-452-1116 FAX:053-459-3535
   E-mail:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

詳細情報

開催日時 2017年01月24日(火)
13:00 ~ 16:00
開催場所 浜松商工会議所 3F 301会議室
浜松市中区東伊場2-7-1
地図を開く
料金
会員:4,000
一般:12,000
お申込後、開講1週間前までにお振込ください。
講師 小林賢一氏
定員 20人
((申込先着順)※当所会員企業を優先)
備考

●振込先:浜松信用金庫 東伊場支店 NO.2022098

●口座名:浜松商工会議所 浜松地域新産業創出会議 

      会頭 大須賀 正孝

お振込先

料金のお振り込みは、以下の口座のいずれかにお願いいたします。
いずれの口座も名義は「浜松商工会議所」となります。

浜松信用金庫 東伊場支店普通預金 0657474
お問い合わせ 浜松商工会議所 工業振興課
TEL:053-452-1116
FAX:053-459-3535
MAIL:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

このページのTOPへ戻るTOPページへ戻る