セミナー・イベント情報

大規模自然災害に学ぶ中小企業の対策方法    ~万が一の災害に企業はどう備えるべきか~(専門サービス部会主催)


企業の大規模停電「対策できていない」48%
(2019年版の防災白書から)

 2018年の台風24号は浜松市を中心に大規模な停電に見舞われ、完全復旧まで7日間も要するなど企業経営・事業活動に大きな打撃を及ぼしました。
 今回のセミナーでは、台風や地震など大規模自然災害に対して企業はどう備えるべきか。また、従業員の人命安全を確保するためには、各事業所が自らの力で対応を遂行するために必要なこととは…など企業等の教育・訓練の方法について紹介します。


【講師紹介】
MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部事業継続マネジメント1グループ(上席コンサルタント)関根 惇氏

2007年 慶應義塾大学法学部卒業、三井住友海上火災保険株式会社入社。保険会社在籍時は営業部門・保険金支払部門に所属し、東日本大震災の被災企業に対する復興・復旧支援や地震保険提案などを通じて、数多くの企業にリスクソリューションを提供。2019年より現職、主に企業のBCP策定コンサルティングに従事。

チラシ・資料ダウンロード

詳細情報

開催日時 2020年02月27日(木)
10:30 ~ 12:00
開催場所 浜松商工会議所 10F BC会議室
浜松市中区東伊場2-7-1
地図を開く
料金
講師 MS&ADインターリスク総研株式会社 リスクマネジメント第四部 事業継続マネジメント1グループ(上席コンサルタント)関根 惇氏
定員 100人
(部会会員に関係なく参加できます)
お申し込み方法

添付ファイルのチラシの申込書欄に必要事項を記入の上、FAXまたはEメールでお申込みください。

お問い合わせ 浜松商工会議所 工業振興課
TEL:053-452-1116
FAX:053-459-3535
MAIL:kogyo@hamamatsu-cci.or.jp

このページのTOPへ戻るTOPページへ戻る