観光

氷砂糖業

氷砂糖氷砂糖を初めて日本にもたらしたのは奈良時代の遣唐使で、明治を迎え本格的に製造されるまでは大変珍しい舶来品でした。

 明治16年、遠州森(現在の周智郡森町)の鈴木藤三郎がわが国で初めて無色透明の氷砂糖の結晶を得ることに成功。
その弟子の河合伝吉が、棒屋の主人中村藤吉の出資を得て、浜松市常盤町に開業しました。
棒屋商店氷糖部はその後解散したのですが、河合の後を受けた堀内円蔵が氷糖商会を設立。
中村は番頭の松島保平と共に中村氷糖合資会社を興し、両社の競合が始まったのです。

こんぺいとう大正7年には、両社と鈴木藤三郎の設立した東京の大日本製糖株式会社が合併し、大日本氷糖株式会社が設立され、浜松地方の氷糖産業は飛躍的に発展しました。常務取締役に就任した松島は、菓子の製造に関心を高め、氷砂糖の副産物である氷糖蜜を使ってこんぺいとうを製造しようと、姫路から掛物用平鍋を購入し、自宅庭にこんぺいとう工場を作りました。
大正10年、氷糖蜜からこんぺいとうを製造する機械を完成させると、その年、三立製菓株式会社を創業しています。

その後、関東大震災の工場倒壊を機に大日本氷糖株式会社は解散しますが、浜松の2社は旭日氷糖株式会社、中村氷糖株式会社として復活。大正15年には全国生産のシェア約90%、昭和に入ってから、輸出では98%を独占し、浜松の氷砂糖は、品質・生産額ともに日本一となっていきました。

乾パンまた、松島が興した三立製菓株式会社は、大正13年に氷砂糖を利用してビスケットの生産をはじめています。
昭和12年、日中戦争の影響下いち早く乾パン製造を開始し、乾パンの布袋の中にこんぺいとうを入れるという工夫により、こんぺいとうの大量受注にもつながっていきました。




お問い合わせ:総務管理課

このページのTOPへ戻る TOPページへ戻る